痴女だらけの風俗店

何もない日々だからこその風俗

仕事をしているとはいえ、仕事と家の往復だけで他に何もありません。むしろそんな日々がとにかくつまらないなって感じるものなので、風俗で遊ぶ時には常に感謝の気持ちがあるんですよ(笑)これは決して大袈裟な話ではないですし、格好つけている訳でもないんです。風俗だけはいつでも、さらには手軽に遊べるじゃないですか。一人というか、自分の都合だけを考えればよいので面倒なことがありません。社会人になってからは、友達を遊ぼうって思ってもお互いの都合を付けるのが面倒になってくるじゃないですか。そうすると一人で遊んでいる方が気楽でいいよなって思うんですけど、男が一人で遊べることって何だろうって思いと、遊ぶからには絶対に楽しみたいって気持ちもありますので、いろいろなことを絞っていくと、風俗にたどり着くんですよ(笑)特に毎日何があるでもなく、惰性で過ごしている自分のような人間にとっては風俗は本当に唯一無二と言っても良いですよね。

実際、どうするのが良いのだろう

やる気が出ないなって時には何をするのがベストなのかを考えているんですけど、とりあえず自分の出した結論は気分転換が大切だなと。毎日仕事に追われている反動というか、楽しさがないからこそ気分が落ちるんじゃないかなって。「いつまで頑張れば良いんだろう」みたいな(苦笑)だから時には自分の時間を楽しむこともまた、それなりに大切になってくるんじゃないのかなって思っていますけど、その中でも風俗の存在はやっぱり大きいなって思いますよ(笑)むしろどうすれば良いのか分からないような時こそ風俗の出番なんじゃないのかなって思うんですよね(笑)だって風俗で女の子と遊んでいると、日常生活の悩みとか何も考えなくて良いじゃないですか。あの空間に居る時だけは余計なことを考えないで済むんです。結果、気持ちを発散させることによって気付いたら自分もかなり嬉しい気持ちになっていることもあるじゃないですか。だから気分転換は風俗ですよ。