痴女だらけの風俗店

なぜ風俗なのかはすぐに分かった

何で自分はここまで風俗が好きなのかは、すぐに分かりました。それは、風俗が意外とマッチしているなって。自分で言うなって話かもしれないんですけど、自分には風俗がマッチしているなって思ったんですよ。何をするとかではなく、とっても楽しい時間を過ごせるし、最終的にはしっかりと満足することだって出来るんです。こういった現実を考えると、風俗ってかなりありがたいものだし、男として感情のはけ口もしっかりと用意出来るしで、良いこと尽くめなんじゃないかなって思うんですよ。人間どうしても自分の気持ちをどこにぶつけるべきなのか分からなくなってくることもあるじゃないですか。それで自分なりにどうしようかなとかいろいろと考えることもあると思うんですけど、風俗で女の子との時間を過ごすことによって、いろいろな気持ちを持てるんだなってことに気付かされたんです。それだけでも嬉しいなって思えるので、風俗の空間はお気に入りなんです。

時代に選ばれつつあるのが風俗

風俗は時代に選ばれつつあるんじゃないですかね(笑)時代の特性と風俗の個性。これがマッチしてきているんじゃないかなって思うんですよ。例えば風俗は今、どのお店もホームページを持っています。スマートフォンからでも簡単に確認出来ますが、今の時代スマートフォンを持っていない人の方が珍しいんじゃないですかね。そして女の子との距離感です。今の時代、恋愛市場では女性上位とも言われているじゃないですか。男が頑張る側なんです。相手を落とすのは、まさに接待そのものですよね(苦笑)自分の出来ることで相手を満足させて、女の子から「YES」をもらわなければならないんです。はっきり言って、かなりハードルが高くなってしまっているんじゃないのかなって思いますけど、風俗で遊ぶハードルはスマートフォン、そしてインターネットのおかげでむしろ低下しているんです。だから面倒なことをするくらいなら風俗でいいかなって気持ちになるのも不思議ではないかなって。